ほったらかし投資おすすめ10選!【放置の投資、楽ですね】

投資初心者

「投資に興味あるなぁ〜。

でもなんか難しそうだなぁ〜。

ほったらかしで始められる楽な投資とかないかなぁ〜。」


このような疑問にお答えします。

先に結論書かせていただきます。

ほったらかし投資10選

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。

本記事では、簡単に始められる「ほったらかし投資」についてまとめさせていただきます。

投資を始めようか悩まれている方、どうぞ本記事の内容をご参照ください。

それでは、見ていきましょう!

ほったらかし投資とは?

ほったらかし投資とは、一度金融商品を買ってしまった後は、基本何もしなくてもいい楽チンな投資です。
投資には様々な種類がありますので、このようなジャンルの投資も当然ございます。

ただ当然、注意点もありますので先に記載させていただきます。

ほったらかし投資注意点

  • リスクはある(どの投資も共通)
  • 儲けは少なめ(年利3%〜10%)
  • 最初の購入作業は必要(ここだけちょっと手間)

リスクはある

これはほったらかし投資に限りませんが、投資である以上必ず損するリスクはあります
リスクとリターンは常に一緒に考えなければなりません。

3%のリターンが得られるものは、-3%の可能性もあると考えておく必要があります。
ただし、プラスになる可能性の方が高いのが投資です。

なぜ、プラスになる可能性の方が高いか?についてはこちらの記事で簡潔にまとめています。
よかったらご覧ください。

「投資やめとけ」を完全論破!投資すべき6個の理由

2019年10月16日

儲けは少なめ

年利3〜10%は決して低いリターンではありませんが、ほったらかす以上はその手間賃をサービス運営側に取られます
自分自身で全て完結すれば年利15%のリターンが得られたものが10%くらいになるようなイメージです。

ただこれは決して搾取でなく、サービス料と捉えていいと思います。
自分自身で勉強して、自分で全てやれば儲けが増えるのは当然です。

少し手数料を払って、ほったらかしにしたいか?という点を各自判断すればOKかと思います。
※手数料のかからないものもあります。

最初の購入作業は必要

当たり前過ぎますが、最初は金融商品を購入しなければなりません
購入後はほったらかしで楽ですが、最初の購入作業を “手間”に感じてしまうかもしれませんので、前もって伝えさせていただきます。

特にリスクを抑えたい場合は、1つの投資商品でなく投資先を分ける必要があります
リスクを抑制したければしたいほど、投資先を多く分ける必要があり、最初の”手間”が多くなることをご理解ください。

とはいえ大事な資産なので、ここは面倒臭がらず1つ1つ丁寧に対応してリスクを抑えるべきかと思います。

おすすめ『ほったらかし投資』10選!

ロボアドバイザー投資3選

まずは『ほったらかし投資』の王道、ロボアドバイザー投資をご紹介します。

ロボアドバイザー投資とは、あなた自身で考える必要なく、ロボアドバイザー側で自動的に資産運用をしてくれるサービスです。
近年のAI(人工知能)の普及の波に乗って、ロボアドバイザー投資の需要も高まってきました。

一般的に世界中の金融商品に自動分散投資されるので、リターンは世界経済と連動すると考えていいでしょう。
運用においても、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムを使っていると各社訴求しています。

Wノーベル賞理論
ノーベル経済学賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」と「資産価格の実証分析」の2つの理論を用いて運用アルゴリズムが作られています。

THEO「Wノーベル賞理論」がすごい

①【LINEワンコイン投資】

主な投資先 世界経済
(海外ETF)
最小投資金額 500円〜
想定利回り 3.0〜5.0%
手数料 1.0%(税抜)
→0.0% キャンペーン中
特徴 ✔完全おまかせ
手数料無料キャンペーン中
(2020年4月末まで)

LINEワンコイン投資とは、LINEとオンライン証券のFOLIOが組んで提供しているサービスです。
500円から積立することができ、あとは完全おまかせ運用です。

大儲けというより、年間利回り3〜5%と手堅く増やす投資です。
イメージとしては、世界経済への分散投資をロボアドバイザーが自動的に行います。

通常手数料は1%なのですが、2020年4月末までは手数料無料キャンペーン中です。
無料でロボアド投資を始めたい方は、LINEワンコイン投資はおすすめです。


②【THEO】

主な投資先 世界経済
(海外ETF)
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 年率8.4%
(THEOシミュレーション)
手数料 0.65%〜1.00%(税抜)
特徴 ✔手数料割引制度あり
✔1万円から運用可能

THEO[テオ]とは、ベンチャー企業「お金のデザイン」が開発・提供しているロボアドバイザー投資サービスです。

LINEワンコイン投資は現在手数料無料キャンペーン中(0円)ですが、THEOの手数料は最大限割り引いて0.65%(税抜)です。

ロボアドバイザー投資の業界平均手数料は1.00%(税抜)なので、割引制度を上手く活用できればTHEOでも十分お得に資産運用できます。
LINEワンコイン投資のキャンペーンは2020年4月末までのため、長期的な運用ではTHEOを使ってもいいでしょう。

私も現在THEOで運用していますが、結構順調に運用されています。
→参考:THEOの最新運用実績


③【WealthNavi】

主な投資先 世界経済
(海外ETF)
最小投資金額 10万円〜
想定利回り 年率7.6%〜18.6%
手数料 0.9〜1.0%(税抜)
特徴 ✔ロボアドバイザー預かり資産・運用者数No.1
✔長期割引で最大0.9%まで手数料割引

WealthNaviはロボアドバイザー投資の預かり資産、預かり口座数No.1です。

No.1が故に、手数料はあまり割り引かれません。
ロボアドバイザー投資の中でも、“信用”を重視したい方は最大手のWealthNaviに預けるのがいいのでしょう。

ソーシャルレンディング4選

ソーシャルレンディングとは『ネット上でお金を借りたい企業』と『ネット上でお金を貸したい人』を結びつける融資仲介サービスです。
テクノロジーの発達で、私たち個人が簡単に企業に融資できるようになりました。

ソーシャルレンディングは案件ごとにリターンが明示されているので、問題なく運用されればリターン額を得られます。
運用はソーシャルレンディング業者におまかせ運用手数料も無料なものが多いです。(手数料分を引かれてうえで、リターンが明示されていると思われます)

ソーシャルレンディングには運用期間が定められています。
ロボアドバイザーはいつでも出金できますが、ソーシャルレンディングでは運用期間が終わるまで資金拘束されますので注意しましょう。


④【Crowd Bank】

主な投資先 不動産ローン、太陽光、中企業支援 他
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 7%
運用期間 3ヶ月~14ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入金手数料のみ個人負担)
特徴 ✔毎月配当あり
✔元本回収率100%(現時点実績)

Crowd Bank(クラウドバンク)は現在、元本回収率100%なので手堅く儲けたい方には魅力的かもしれません。
利回りも7%と結構安定している方かと思います。

案件はこのようなものがあります。
高利回り案件は太陽光ファンドが多い感じでしょうか?

ご興味あれば、公式サイトにて詳細ご確認ください。


⑤【OwnersBook】

主な投資先 不動産系のファンド
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 2.0〜6.0%
運用期間 16ヶ月~24ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入出金手数料は個人負担)
特徴 ✔東証上場企業(創業来黒字経営)
✔年2〜4回の分配金あり

OwnersBook(オーナーズブック)とは、不動産系ファンドを中心とするソーシャルレンディング会社です。
ソーシャルレンディング業者の中でも、運営会社(ロードスターキャピタル)が上場して、黒字経営を継続しているので非常に信頼性が高いです。

クラウドバンクとともに、非常に人気のソーシャルレンディングサービスです。
運用期間が少し長くても問題ない人にとっては魅力的と思います。

 


⑥【LENDEX】

主な投資先 不動産系ローン
最小投資金額 2万円〜
想定利回り 8.0〜12.0%
運用期間 3ヶ月~12ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入金手数料は個人負担)
特徴 ✔高利回り案件多め
✔毎月分配金あり

LENDEX高利回りな案件が多いです。
短いものだと運用期間は3ヶ月なので、それほど資金拘束もされません。

高利回り案件が多いということはそれだけリスクもあると考えられます。
会社の規模が他より小さく、信用が少し劣っている点が反映されているのかもしれません。
ただ10%を超える利回りは魅力的なので、高利回りに興味ある方は公式サイトにて個別案件をご覧ください。
ここまで他のソーシャルレンディング同様、口座開設・運用手数料は無料です。


⑦【SBIソーシャルレンディング】

主な投資先 太陽光、不動産関連ファンド
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 3%〜10%
運用期間 4ヶ月~36ヶ月
手数料
(ファンド毎に異なる)
特徴 ✔ネット証券大手の参入
✔︎過去デフォルト案件数件あり(HP開示)

SBIソーシャルレンディングは、ネット証券大手のSBI証券が手がけるソーシャルレンディングです。

他社のようにソーシャルレンディング特化型でないので、細かなサービスまでは整備されていない印象です。

投資案件ごとに手数料が異なっているので、投資の際は手数料率をそれぞれ確認するようにしましょう。

過去にいくつかデフォルト(債務不履行)した案件もあります。
とはいえ、全体で見れば一般的な投資リスクとあまり変わりません

分散投資をしてリスク管理するなら、SBIソーシャルレンディングの利用も検討してよいでしょう。

不動産投資2選

大きなくくりでは、これからご紹介する2つの投資サービスもソーシャルレンディングの一種です。
ただ他のソシャレンと違い、具体的な不動産物件に投資する感じなので、分けさせていただきました。

厳密には異なりますが、不動産の一部を保有して、その分の家賃収入を得るようなイメージに近いかと思います。

⑧【CREAL】

主な投資先 不動産物件
最小投資金額 1万円〜(10万円)
想定利回り 4〜6%
運用期間 4〜24ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入出金手数料は個人負担)
特徴 ✔投資先物件の透明性が高い
✔毎月分配金あり

CREAL(クリアル)1万円から始める不動産投資クラウドファンディングです。
不動産投資は通常、数百万円以上ないと物件が買えないのですが、CREALならクラウドファンディングという形で複数人で出資し合うことができます。

したがって、1人あたり最低1万円〜投資が可能なサービスです。

こちらが具体的な投資物件の例です。

非常に情報がクリアにされていて、個人的にとても好感持っています。
私も先日はじめて、投資できました!(一瞬で埋まるのでなかなか投資できないことが続いてます…)

こちらも口座開設・運用手数料無料です。
ご興味あれば、詳細は公式サイトご覧ください。


⑨【FANTAS funding】

主な投資先 不動産
(空き家再生)
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 4〜8%
運用期間 4〜12ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入金手数料のみ個人負担)
特徴 ✔空き家再生で社会貢献につながる投資
✔運用期間の短い案件多め

FANTAS fundingは不動産の中でも空き家の再生に特化しています。
空き家を再生して、売却もしくは貸し出すことで収益を得るモデルです。

空き家の再生を通して社会貢献につながる投資に興味のある方、是非公式サイトを是非ご覧ください。
口座開設・運用手数料はもちろん無料です。

仮想通貨つみたて

⑩【Coincheckつみたて】

会社名 コインチェック株式会社
サービス名 Coincheckつみたて
積立可能通貨 ビットコイン(BTC)
※順次拡大予定
積立金額 10,000円以上100,000円以下の範囲で、
1,000円単位で設定が可能です。
積立方法 インターネットバンキングからの口座振替
※みずほ銀行からの入金未対応
想定利回り
(予測困難)
手数料 口座振替手数料および積立サービス手数料無料
※購入時のスプレッド注意
特徴 ✔入金から購入まで全て自動完結
✔積立で長期安定した投資可能

最後に少し変わった『ほったらかし投資』として、仮想通貨積み立てサービス「Coincheckつみたて」をご紹介します。
こちらも一度設定しておけば、毎月銀行口座から引き落としされ、自動的に仮想通貨が購入され積み立てられます

仮想通貨自体、どのように伸びるかが見えないので本記事の中でも一番不確実性が高いと言えます。
ただ逆に、儲ける場合は大きなリターンが期待できるでしょう。

また積み立てることで、購入時期による取得単価のバラツキを抑えることができ、一定のリスク抑制につながります。
将来的に仮想通貨は来るぞ!」とお考えの方は、「Coicheckつみたて」をご検討ください。

国内で仮想通貨のつみたてができるのは、現在コインチェックのみです。
口座振替手数料および積立サービス手数料は無料です。

ほったらかし投資のまとめ

いかがでしたでしょうか?
ほったらかし投資について理解が深まりましたでしょうか?

ほったらかし投資10選

 

株取引などは恒常的なメンテナンスが必要ですが、ほったらかし投資は一度金融商品を買ってしまえばあとは放置でOKです。
投資なので損するリスクは当然ありますが、たくさん分けて分散させればリスクは低減します。

そして、ほったらかし投資から始めて、投資にもっと興味が出たなら自分自身でいろいろトライしてみればいいかと思います。
いずれにしろ、貯金として眠らせてしまうのはもったいないので、ぜひ1人でも多くの方が投資を始め、日本の経済活性化につながることを願っています。

最後までご愛読いただき、ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他のおすすめ記事〜

少額投資を徹底比較!5種類の特徴を掴んであなたに合う投資を!

2019年11月5日

AI資産運用の12サービス徹底比較!儲かる投資は?

2019年10月5日

〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪