AI資産運用の12サービス徹底比較!儲かる投資は?

AI資産運用検討者

「AI(人工知能)使った投資サービスが気になるなぁ。

たくさんありそうだけど、どんな違いがあるんだろう?

比較検討してみたいなぁ。。。」


このような疑問にお答えします。
AI(人工知能)を活用した12のサービス一覧がこちらです。

No.AI活用方法サービス名称
1ロボアドバイザー資産運用LINEワンコイン投資
2ロボアドバイザー資産運用WealthNavi
3ロボアドバイザー資産運用THEO
4ロボアドバイザー資産運用Folio Robo Pro
5ロボアドバイザー資産運用マネラップ(MSV LIFE)
6ロボアドバイザー資産運用楽ラップ
7不動産投資FANTAS funding
8不動産投資OwnersBook
9アドバイスサービスSBIファンドロボ
(SBI証券)
10アドバイスサービスマネックスアドバイザー
(マネックス証券)
11アドバイスサービス投信工房
(松井証券)
12アドバイスサービスロボのぶくん
(楽天証券)
Co.隊長
どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、その後は好きなことだけやりながら月約10万円で細々と暮らしております。
※2019年は株2000万円運用で月10万円の生活費を捻出してました。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、最近流行りのAI(人工知能)投資の中から、主なサービス12個厳選してまとめさせていただきます。

単にAI(人工知能)を活用した資産運用といっても、いくつかの種類がありますので、各サービスの特徴を掴んでいきましょう。

それでは見ていきましょう。

AI活用したロボアドバイザー資産運用6選

AI(人工知能)を活用した資産運用のメインと呼ばれるものがこちらのロボアドバイザー投資6選です。

ロボアドバイザー投資とは?

あなた自身で考える必要なく、AI(人工知能)を活用したロボアドバイザー側で投資先を決め、自動的に資産運用をしてくれるサービスです。
ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムで運用され、効率的な資産運用がされるサービスです。

AIを使って実際に運用させている点が最大の特徴です。人を使わなくなった分、昔と比べ手数料が大幅に抑制されるようになりました。

LINEワンコイン投資

投資種別 ロボアドバイザー投資
(おまかせ運用)
主な投資先 海外ETF
(世界経済)
最小投資金額 500円〜
想定利回り 3.0〜5.0%
手数料 1.00%(税抜)
2020年4月まで無料!!
特徴 ✔500円から始められるお手軽投資
手数料無料キャンペーン中
(2020年4月末まで)

LINEワンコイン投資」はLINE社とオンライン証券会社のFOLIOが組んで展開しているロボアドバイザー投資サービスです。
週次の積み立て式で、なんと500円から始められます。

銀行口座に預け得る感覚で、勝手に運用される感じです。
LINEワンコイン投資は、2020年4月末まで手数料無料です。

とても簡単に少額から始められますので、ご興味あれば、公式サイトご覧ください。

WealthNavi(ウェルスナビ)

投資種別 ロボアドバイザー
(おまかせ運用)
最小投資金額 10万円〜
想定利回り 年率7.6%〜18.6%
手数料 0.9〜1.0%(税抜)
特徴 ✔ロボアドバイザー預かり資産・運用者数No.1
✔長期割引で最大0.9%まで手数料割引

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザー投資で預かり資産・運用者数No.1のサービスです。
No.1なだけあって、提携先が大手ばかりです。

WealthNaviの提携先

WealthNaviでは簡単な質問に答えるだけで、自分の運用プランを無料診断できます。
ご興味あれば、公式サイトをご確認ください。

THEO(テオ)

投資種別 ロボアドバイザー投資
(おまかせ運用)
主な投資先 海外ETF
(世界経済)
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 年率8.4%
(THEOシミュレーション)
手数料 0.65%〜1.00%(税抜)
特徴 ✔手数料割引制度あり
✔1万円から運用可能

THEO(テオ)は、ベンチャー企業「お金のデザイン」が開発・提供しているロボアドバイザー投資サービスです。

WealthNaviと似ているサービスですが、THEOの方が投資先を細かく分けてくれます

<THEOの分散投資先>

また手数料割引の条件を満たせば、手数料を大きく引き下げることができます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ロボアド投資最安?THEO[テオ]の手数料割引条件を徹底解説!!

2019年9月19日

THEOでも、簡単な質問に答えるだけで運用プラン無料診断してもらえます。
ご興味あれば、公式サイトにて診断してみてください。

Folio Robo Pro

投資先海外ETF
最低投資金額10万円〜
手数料(税抜)1.0%
※3000万円を超える部分は0.5%
儲かるの?(予想利回り)5.0%〜10.0%
特徴✔進化したロボアドバイザー
✔AIをより活用した投資先調整

Folio Robo Pro(フォリオロボプロ)とは、オンライン証券Folioが提供する進化したロボアドバイザー投資です。
AlpacaJapanのAI技術を元に設計され、短期的な目線においてもAIを活用しているのが特徴です。

現在、他のロボアドバイザー投資はリバランス(最適なバランスをずっと維持)がメインですが、Folio Robo Proはリアロケーション(最適な投資先を定期的に見直し調整)に強みを置き、運用します。

Folio Robo Proを始めるうえでの口座開設は無料です。
ご興味あれば、公式サイトご覧ください。


マネラップ(MSV LIFE)

投資先国内・海外ETF
最低投資金額1,000円〜
手数料
(税抜)
0.925%程度
※監査費用、組入有価証券の
売買委託手数料は含まれない
儲かるの?
(予想利回り)
5%前後
特徴✔︎日米を代表する金融機関3社
(バンガード、セゾン、マネックス)
が出資

ロボアドバイザーの登場の前からあったラップ口座(投資一任契約)をAI活用による自動化に変えた商品です。
最低金額も1000円からなので、非常に始めやすいように感じます。

こちらは日米の金融機関3社が出資して作られたサービスです。

運用シミュレーションはこちら。

ロボアドバイザーサービスが流行り始めたので、金融機関がお金出し合って似たようなサービスを作ってきた感じでしょうか?
手数料が0.925%程度と表記されているのが気になります。

手数料は他のロボアドバイザーサービスの標準(資産額の1%)と変わらないと考えていいでしょう。
公式サイトにて無料シミュレーションできます。

楽ラップ

投資先国内投資信託
最低投資金額10万円〜
手数料
(税込)
固定報酬型:0.715%+ファンド費用(最大0.248%)
成功報酬併用型:0.605%+運用益の5.5%
儲かるの?
(予想利回り)
特徴✔︎国内投資信託が投資対象
✔︎手数料システムが2パターンあり

一応AIを活用したロボアドバイザーと名乗っていますが、過去のラップ口座システムを引きずっているのか、非常にわかりにくい仕様になっています。
リスク分けが数パターンあり、さらに為替変動リスク対応あり・なしを選択していくと結局10種類くらいに分けられます。

運用状況も各パターンごとにまちまちであるため、本記事での記載を控えさせていただきました。
上手く対応すればお得なのかもしれませんが、手数料率も複雑化していて非常に分かりづらいです。

楽ラップはどちらかというと、複雑化された投資信託に似ている気がします。
投資信託は、見えない部分が多いので過去の個人的な経験も踏まえ、あまりおすすめしていません。

こちらがその理由をまとめた参考記事です。

【デメリットのみ】投資信託を絶対におすすめしない3つの理由

2019年7月20日

AI活用した不動産投資サービス2選

AIを活用した資産運用としては、ロボアドバイザー投資がメインですが、不動産投資でも一部活用がスタートしています。

FANTAS funding

投資先不動産
(再生した空き家のファンド)
最低投資金額1万円〜
手数料無料
※入金手数料のみ出資者負担
儲かるの?
(予想利回り)
4.0%〜8.0%
※各案件ごとに異なる
特徴✔︎短期運用案件あり(約120日)
✔︎AIを活用した独自査定「FANTAS check」利用

空き家がメインの不動産投資サービスです。
1万円から短期で投資できるのも特徴です。

こちらのサービスでは「FANTAS check」と呼ばれる、AIを活用した独自の査定システムを利用しています。
このシステムにより、各投資物件で運用益を上げる精度の向上を図っています。

▶︎▶︎FANTAS fundingのサービス詳細についてはこちら

【診断】FANTAS fundingがあなたに向いてるかチェック!

2019年10月4日

▶︎▶︎FANTAS fundingの評判・口コミはこちら

【ツイッターの声】FANTAS fundingの評判・口コミは?

2019年10月3日

OwnersBook

投資先不動産系ファンド
最低投資金額1万円〜
手数料(税抜)無料
※入出金手数料は出資者負担
儲かるの?2.0%〜6.0%
※各案件ごとに異なる
特徴✔︎大型案件多数
✔︎AIを活用した独自査定「AI-Checker」利用

こちらも不動産投資クラウドファンディングです。
FANTAS funding同様、「AI-Checker」と呼ばれる独自AI査定システムを開発・利用しています。

FANTAS fundingは空き家再生がメインで案件数が少なく、投資ができないことが結構ありますが、OwnersBookは案件が大きいため、出資できる可能性は高いかもしれません。

AI活用したアドバイスサービス4選

最後はAIを使ったアドバイスサービスをご紹介いたします。
AI自身が資産運用するのでなく、「既存の投資信託のうちどれがあなたに適しているか」という点をAIを使ってアドバイスするものです。

SBIファンドロボ(SBI証券)

利用者のこだわりポイントに沿って、数多くある投資信託の中から、自分にぴったりな1本を探すロボアドサービスです。
サイトが作り込まれていて、操作性は非常に良いです。

マネックスアドバイザー(マネックス証券)

こちらは高度な金融工学理論やマーケットの専門家によるサポートを受けながら、手軽に世界中の多様な資産に分散投資をしていただくサービスです。2000以上ある資産配分の組合せの中から、自分にあったものを提案してもらえます。

投信工房(松井証券)

簡単な8つの質問に答えるだけで最適な資産の組み合わせをご提案してくれるサービスです。

ロボのぶくん(楽天証券)

初めて投資信託を取引する方でも投資の目的や嗜好に合ったファンドの選択をサポートする機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
AIを活用した資産運用について理解が深まりましたでしょうか?

No.AI活用方法サービス名称
1ロボアドバイザー資産運用LINEワンコイン投資
2ロボアドバイザー資産運用WealthNavi
3ロボアドバイザー資産運用THEO
4ロボアドバイザー資産運用Folio Robo Pro
5ロボアドバイザー資産運用マネラップ(MSV LIFE)
6ロボアドバイザー資産運用楽ラップ
7不動産投資FANTAS funding
8不動産投資OwnersBook
9アドバイスサービスSBIファンドロボ
(SBI証券)
10アドバイスサービスマネックスアドバイザー
(マネックス証券)
11アドバイスサービス投信工房
(松井証券)
12アドバイスサービスロボのぶくん
(楽天証券)

手数料の比較は簡単ですが、AIの“運用精度の差”を始める前から比較するのは困難です。
始めたタイミング、投資先、リバランスと言われる再調整など様々な点が影響してきます。

したがって、最初から1つサービスに全額投入するより、いくつかのサービスを併用させるのがいいかもしれません。
運用精度だけではく、操作性、見やすさなども考慮しながら、あなたに合ったサービスに絞っていくのが最も確実な方法です。

1人でも多くの方が投資を始め、日本の経済活性化につながればと願っています。
最後までご愛読いただきありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他のおすすめ記事〜

資産運用ランキング!初心者向け少額投資TOP10【明快です】

2019年11月10日

【初心者おすすめ】ロボアドバイザー投資5選|特徴や評判は!?

2019年7月14日

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪