分散投資は意味ない!?→大アリです!3つの理由!

投資初心者

「分散投資って本当に意味あるのかなぁ?

自分にとっては意味ないように感じるけど、どうなんだろう?

分散投資すべき理由について知りたいなぁ〜。」


このような疑問にお答えします。

先に結論記載させていただきます。

分散投資すべき理由
  • リスク低減につながる
  • 投資知識が深まる
  • 手数料もかからないケースも

Co.隊長
どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@Co_Keio)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、その後は好きなことだけやりながら月約10万円で細々と暮らしております。
※2019年は株2000万円運用で月10万円の生活費を捻出してました。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、『分散投資は意味ない?→大アリです!3つの理由』というテーマでまとめさせていただきます。
分散投資すべきかお悩みの方、どうぞご参考ください。

それでは、見ていきましょう!

分散投資とは?

分散投資とは、投資対象を1つにするのではなく、性質がなるべく異なる複数の投資先に分散することです。
分散投資により、各資産の価格の動きが打ち消しあい、リスクを減らすことができます。

卵を1つのかごに盛るな

アメリカではこのような有名格言があります。
卵を全部同じかごに入れて、もし落としてしまったら、全ての卵が割れてしまいます。

全てを一度に失うリスクを下げるには、いくかのかごに分けて卵を運びましょうという内容です。
分散投資することで、リスクを低減できます。

一方デメリットとしては、手間がかかったり、手数料が多くなってしまうこともあります。

分散投資のメリット・デメリット

《メリット》
・リスクの低減
・投資知識深まる

《デメリット》
・大きく儲からない
・管理の手間がかかる
・手数料が多くなる可能性あり
※手数料はサービスを上手に利用すれば対処可能

分散投資に関する詳しいメリット・デメリットはこちらの記事で、詳しくまとめてますのでよかったらご覧ください。

自動的に分散投資されるサービス5選!管理の手間を省こう!

2019年12月30日

分散投資は意味ない!?→大アリです!3つの理由!

分散投資すべき理由は、下記3つです。

  1. リスク低減につながる
  2. 投資知識が深まる
  3. 手数料もかからないケースも

1つずつ順に補足させていただきます。

①リスク低減につながる

分散投資の最大のメリットは、リスク低減です。
投資に絶対はありませんので、例え安全な投資先であっても、1つだけに投資していたら、何かあった際に資産を大幅に失いかねません

極端な例をあげると、下記のようになります。
1つの銘柄(株)に100万円投資していた場合、投資先の企業が倒産したら0円になるかもしれません。
でも10個の企業に10万円ずつ分散投資していた場合、その内の1つが倒産しても、残りの9社が約15%ずつ値上がれば、トータルではプラスになります。

<例>

銘柄 投資額 利回り 運用後資産
A社 10万 -100% 0万
B社 10万 +15% 11.5万
C社 10万 +15% 11.5万
D社 10万 +15% 11.5万
E社 10万 +15% 11.5万
F社 10万 +15% 11.5万
G社 10万 +15% 11.5万
H社 10万 +15% 11.5万
I社 10万 +15% 11.5万
J社 10万 +15% 11.5万
合計 100万 +3.5% 103.5万

こんなに単純ではありませんが、投資では全てで儲けるという考えではなく、トータルでプラスにするという考えが非常に大切です。
リスクを抑えながら、プラス運用するには分散投資は必要不可欠です。

②投資知識が深まる

分散投資には大きく2つの考えがあります。

  • 同一ジャンル内での分散投資
  • 様々なジャンルへの分散投資

いずれの分散投資も重要で、それぞれ対応すれば多くの投資知識が身に付きます。

同一ジャンル内での分散投資

例えば株式投資の場合、1つの銘柄(企業)に絞って全額投資するのは、非常に危険です。
最悪の最悪、企業が倒産したら0円になりますので、これでは投資ではなく投機(ギャンブル)です。

同一ジャンル内での分散投資とは、株式投資の中で、投資先銘柄を分けることです。
銘柄を分けるだけでなく、業界も分けると安定性が増すでしょう。

<私の業界別・日本株投資銘柄>

こんな感じで分散すれば、1つの業界が低迷しても他でカバーできる可能性があります。
2020年のコロナ禍がいい例かもしれません。
リアル店舗系ビジネスは壊滅的でしたが、ネット系ビジネスは好調でした。

様々な業界・企業について勉強する必要があるため、分散投資をしようとすると必然と知識が身に付きます

私の日本株投資銘柄は、こちらの記事で公開してますので、よかったらご参考ください。

高配当株ポートフォリオ公開!私の日本株投資【2020年10月】

2020年10月3日

様々なジャンルへの分散投資

また株式投資内だけでなく、投資ジャンルを分けることも大切です。
不動産投資、債券、金など色々ありますので、可能な範囲で分散すればするほど良いでしょう。

様々なジャンルの勉強をすることになりますので、さらに知識が増します

✔︎自動的に分散投資できるサービスもあります。

最近では、自動的に世界中の様々な投資先に、分散投資してくれるロボアドバイザー投資も登場しています。自分自身で勉強するのがきつい方は、サービス利用を検討してもいいかもしれません。業界No.1はWealthNavi(ウェルスナビ)で、多くの個人資産が集まっています。(預かり資産2900億円。2020年9月時点)
>>【無料口座開設】ロボアドバイザーNo.1のWealthNavi

<私のWealthNavi投資先例>

【初心者おすすめ】ロボアドバイザー投資4選|特徴や評判は!?

2019年7月14日

③手数料もかからないケースも

分散投資すれば、リスクが低減できますが、それだけ手数料が多く発生してしまったら意味がありません。
逆に言えば、手数料が追加で発生しないのなら、リスク面を考慮すれば分散投資した方が良いことになります。

サービスや投資方法によって手数料を増やすことなく、分散投資可能です。
簡単な例をご紹介します。

  • 株式投資
    ▶︎『ネオモバ』利用
    月額50万円の取引まで手数料ほぼ無料
    金額の範囲内で、銘柄分散し放題
  • ロボアドバイザー投資
    ▶︎色々なサービスに分散しても手数料同じ
    預かり資産の1%(税抜)が業界平均手数料
    預かり資産に比例するので、分散しても手数料は変わらない

株式投資なら『ネオモバ』利用

投資種別 株式投資
投資先 国内株式、ETF等
(上場企業ほぼ全銘柄対象)
最小投資金額 100円台〜
(1株・1口単位)
手数料 サービス利用料月額200円(税抜)
[約定金額50万円まで取引放題]
※毎月200円分のTポイント貰える
特徴 ✔大手企業運営の信頼性
(SBI証券 × CCC)
✔Tポイントが株式投資に使える
✔手数料もほぼ無料
(得られるポイントと相殺)
✔株の定期買付サービスあり
✔1株IPOサービスも展開(2019.11.30〜)
✔ネオモバFXサービス(2020.4.25〜)

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)は、ネット証券大手の「SBI証券」とTポイント運営会社「CCC」が協働して作った株取引サービスです。
日本初、Tポイントを使って株式購入ができる点が大きな特徴です。

『少額・分散・積立』投資をするなら、ネオモバが最も適しています。

1株単位で買えるので、みずほFGなどの株価が安い銘柄は100円台から購入可能です。(2019.10.29時点)

またネオモバは、月間50万円までの売買の場合、手数料は月額200円(税抜)です。
ただ、それと引き換えに毎月200Tポイント得られますので実質、手数料はほぼ無料です。

ネオモバの手数料体系は、非常にフェアです。
ご興味あれば、公式サイトご覧ください。

YouTube動画解説

『ロボアドバイザー投資』
分散しても手数料変わらない

投資種別 ロボアドバイザー
主な投資先 海外ETF
(世界経済全体)
最小投資金額 500円〜
想定利回り 年利5〜10%
手数料 年利1%[税別](業界標準)
特徴 ✔ロボアドバイザー活用した自動運用
✔人件費抑制により手数料も抑えられている(業界標準 年1%)

ロボアドバイザー投資の業界平均手数料は、預かり資産の1%(税抜)です。
1社使おうが、2社、3社に分けようが手数料は変わりません

ロボアドバイザー自体、分散投資するサービスですが、運用会社によって、実績が異なりますので、信用できる1社がない場合は、分けて投資すると良いでしょう。

【実績公開】ロボアドバイザー投資徹底比較!儲かるのはどこ?

2020年10月7日

分散投資は意味ない!?→大アリです!3つの理由!のまとめ

いかがでしたでしょうか?
分散投資は意味ない!?→大アリです!3つ理由」参考になりましたでしょうか?

分散投資すべき理由
  • リスク低減につながる
  • 投資知識が深まる
  • 手数料もかからないケースも

分散投資は、投資の基本です。
どんな投資家も、分散していない人はいないでしょう。

もしいるとしたら、それは投資家ではなく投機家(ギャンブラー)です。
投資先を絞ってしまうと、ハイリスク・ハイリターンになりますので、くれぐれもご注意ください。

1人でも多くの方が堅実な投資を始め、日本の経済活性化につながることを願っています。
最後までご愛読いただき、ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他のおすすめ記事〜

資産運用ランキング!初心者向け少額投資TOP10【明快です】

2019年11月10日

AI資産運用の12サービス徹底比較!儲かる投資は?

2019年10月5日


〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪