フィンテックサービス4選【各業界トップクラスを厳選しました】

投資初心者

「フィンテックって最近聞くけど、何なんだろう?

フィンテックのサービスを利用した方がいいのかなぁ??

有名なフィンテックサービスとか知りたいなぁ〜。」


このような疑問にお答えします。

先に本記事の結論を記載させていただきます。

有名フィンテックサービス
  • 【少額株式投資】
    ネオモバ
  • 【少額不動産投資】
    CREAL
  • 【ロボアドバイザー投資】
    WealthNavi
  • 【ソーシャルレンディング】
    maneo

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、最近流行のフィンテックサービスについてまとめさせていただきます。
投資も様々なジャンルがありますので、各業界のトップクラス(口座数や融資額)のフィンテックサービスに厳選してご紹介します。

フィンテックサービスでの投資をご検討中の方、どうぞご参考ください。

フィンテックとは?

フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。
金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な技術の総称です。

アメリカで2000年頃から使われ始めたのですが、本当の意味で広まったのはスマホが普及しきったここ数年です。
2016年がフィンテック元年とも言われています。

ただ当時はフィンテックという単語だけが表に出てきただけで、具体的なサービスを伴い始めたのは2019年のように感じます。
本記事でご紹介するサービスの多くは2019年に開始、早いものでも数年以内に開始されたものです。

今後も益々、フィンテックサービスは増えてくると考えられますので、今のうちから、最新技術を使用した投資に触れておきましょう♪

各業界トップクラスの『フィンテックサービス』4選

それでは、フィンテックを活用したサービスのうち、各ジャンルにおいてトップクラスのものをご紹介します。
本記事でPick Upする投資ジャンルはこちらです。

  • 【少額株式投資】
  • 【少額不動産投資】
  • 【ロボアドバイザー投資】
  • 【ソーシャルレンディング】

またトップクラスの基準は『預かり資産・融資額』または『口座数』としております。

情報が非開示のサービスもあるため、完全ではない点を予めご容赦ください。またそのような点を考慮して、業界2位以降も参考として載せさせていただきます。どうぞ、ご参考ください。

【少額株式投資】ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

投資種別 株式投資
投資先 国内株式、ETF等
(上場企業ほぼ全銘柄対象)
最小投資金額 100円台〜
(1株・1口単位)
手数料 サービス利用料月額200円(税抜)
[約定金額50万円まで取引放題]
※毎月200円分のTポイント貰える
特徴 ✔大手企業運営の信頼性
(SBI証券 × CCC)
✔Tポイントが株式投資に使える
✔手数料もほぼ無料
(得られるポイントと相殺)
✔1株IPOサービスも展開(2019.11.30〜)

SBIネオモバイル証券とは、ネット証券大手の「SBI証券」とTポイント運営会社「CCC」が協働して作った株取引サービスです。
日本初、Tポイントを使って株式購入ができる点が大きな特徴です。

2019年4月にサービス開始にも関わらず、20万口座を突破しています。

少額株式投資の口座数

1位 ネオモバ (20万口座超)
2位 One Tap BUY(15万口座)
3位 LINE証券(非開示[5〜10万口座?])

LINE証券の口座数は非開示ですが、2019年11月に「先着5万人に1000円あげるキャンペーン」を行っていたので、それ以上は既に口座開設されていると思われます。

いずれにしろ、フィンテックを活用した少額株取引のジャンルでは、2019年4月に開始したネオモバ がすごい勢いでトップクラスに躍り出ました

フィンテックの発展により、誰でも簡単に1株単位で株を買えるようになりました。
みずほFGなどの株価が安い銘柄は100円台から購入可能です。(2019.10.29時点)

ネオモバは月間50万円までの売買の場合、手数料は月額200円(税抜き)です。
ただ、それと引き換えに毎月200Tポイント得られますので手数料実質ほぼ無料です。

運営会社の信用もあり、手数料も安く、操作性も良いので、株の少額投資を始めるならネオモバがいいでしょう。
ご興味あれば、公式サイトご覧ください。


〜その他の少額株式投資サービス〜

【少額不動産投資】CREAL

投資種別 不動産クラウドファンディング
主な投資先 不動産物件
最小投資金額 1万円〜
想定利回り 3〜6%
運用期間 4〜24ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入出金手数料は個人負担)
特徴 ✔投資先物件の透明性が高い
✔毎月分配金あり

CREAL(クリアル)とは1万円から始める不動産投資クラウドファンディングです。
毎月分配金が得られるので、厳密には異なりますが、大家になって毎月家賃収入が得られる感覚に近いです。

<CREALの投資対象物件>

少額不動産投資サービスと言い切れるのは、現在「CREAL」と「FANTAS funding」になるかと思います。
この2サービスは、投資先の物件情報が細かく開示されているためです。

その中で、CREALの方が累計調達額が多かったのでPick Up。

少額不動産投資の累計調達額

1位 CREAL 約33億円
2位 FANTAS funding 約10億円

CREAL(クリアル)の投資家登録、口座開設は無料です。
少額の不動産投資に興味があれば、どうぞ公式サイトご覧ください。


〜その他の少額不動産投資サービス〜

【ロボアドバイザー投資】WealthNavi

投資種別 ロボアドバイザー
(おまかせ運用)
最小投資金額 10万円〜
想定利回り 年率7.6%〜18.6%
手数料 0.9〜1.0%(税抜)
特徴 ✔ロボアドバイザー預かり資産・運用者数No.1
✔長期割引で最大0.9%まで手数料割引

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザー投資で預かり資産・運用者数No.1のサービスです。

ロボアドバイザー投資とは?

あなた自身で考える必要なく、AI(人工知能)を活用したロボアドバイザー側で投資先を決め、自動的に資産運用をしてくれるサービスです。
ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムで運用され、効率的な資産運用がされるサービスです。

WealthNaviの口座に預けておけば、あとはロボットが自動で運用してくれるものです。
まさにフィンテックサービスの象徴ですね。

ロボアドバイザー投資の預かり資産額

1位 WealthNavi 2000億円
2位 THEO 500億円
X位 LINEワンコイン投資 [非開示] 

LINEワンコイン投資の情報は開示されていませんでしたが、そもそも大金を運用するサービス設計にはなっていないため、預かり資産額ではおそらく3位以下と思われます。
いずれにしろ、ロボアドバイザーの投資ジャンルではWealthNaviがかなり抜きに出ています

WealthNaviでは簡単な質問に答えるだけで、ご自身の運用プランを無料診断できます。
ご興味あれば、公式サイトでご確認ください。


〜その他のロボアドバイザー投資サービス〜

【ソーシャルレンディング】maneo

投資種別 ソーシャルレンディング
主な投資先 事業性資金支援など
最小投資金額 3万円〜
想定利回り 5〜12%
運用期間 4〜18ヶ月
手数料 口座開設・運用手数料無料
(入出金手数料のみ個人負担)
特徴 ✔日本初のソーシャルレンディング
✔累計融資額ソーシャルレンディング1位
✔高利回り案件多い

maneoは日本初のソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディングとは?

『ネット上でお金を借りたい企業』と『ネット上でお金を貸したい人』を結びつける融資仲介サービスです。
フィンテック(ファイナンス×テクノロジー)の発達で、近年台頭してきたサービスです。 

先行者利益なのでしょうか?
トップクラスの累計投資額を誇っています。

ソーシャルレンディングサービスの累計投資額

1位 maneo 約1,650億円
2位 SBIソーシャルレンディング 約1,100億円
3位 Crowd Bank 約770億円

maneoは口座への入出金手数料は個人負担ですが、口座開設・運用手数料は無料です。
詳しくは、maneo公式サイトをご覧ください。

maneoは一応、業界トップなのですが、直近の運用状況を見ると、現時点ではあまりオススメできません。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

これはやばいっ!maneo(マネオ)のデメリット5選!

2020年1月3日

〜その他のソーシャルレンディングサービス〜

フィンテックサービス4選【各業界トップクラスを厳選しました】のまとめ

いかがでしたでしょうか?
各業界トップクラスのフィンテックサービスについて理解深まりましたでしょうか?

有名フィンテックサービス
  • 【少額株式投資】
    ネオモバ
  • 【少額不動産投資】
    CREAL
  • 【ロボアドバイザー投資】
    WealthNavi
  • 【ソーシャルレンディング】
    maneo

2019年に入って、多くのフィンテックサービスが登場しました。
そして、この流れはさらに加速していくでしょう。

本サイトでもフィンテックに関する記事、他にもありますのでよかったらご覧ください。

1人でも多くの方が投資をして、日本経済活性化につながればと思います!
最後までご愛読いただき、ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他おすすめ記事〜

【2020】初心者向けおすすめ投資5選!少額で好きな投資開始!

2019年10月20日

【初心者おすすめ】ロボアドバイザー投資4選|特徴や評判は!?

2019年7月14日

〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪