家賃収入で暮らすには5000万円必要!?願いを叶える3つ方法

不動産投資検討者

「不動産投資に興味があるなぁ〜。

家賃収入で暮らすにはどうすればいいんだろう?

どんな選択肢があるのか知りたいなぁ〜。」


このような疑問にお答えします。

先に本記事の結論を記載させていただきます。

家賃収入で暮らすには?

  • 資金が約5,300万円必要
  • 願いを叶える3つの方法
    ①5,300万円用意する
    ②ローンを組む
    ③小額不動産投資を始める

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、「家賃収入で暮らす」という点にフォーカスをあて、まとめさせていただきます。
誰しも不労所得でお金が入ってくるようにしてみたいですよね^^

その願いを叶える現実的な3つの方法について、可能性を探っていきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

家賃収入で暮らすのに必要な金額

まずは家賃収入で暮らすのに必要な金額を試算すると、このようになります。

家賃収入で暮らすのに必要な金額

240万円(年間収入)÷ 4.5%(年間利回り) = 5,333万円

前提条件

毎月必要な収入:20万円(年間240万円)
不動産投資物件の利回り:年利4.5%

※利回りは実際の不動産投資実績を使用。参考記事はこちら。

不動産投資利回り4.5%!?コスパ悪い!低リスクで実現しよう

2019年12月12日

5,333万円の資金がないと、月20万円の家賃収入を得て暮らしていくことができません。
また月20万円は決して多い金額でもありません。

贅沢せずに1人で生きていくなら十分かもしれませんが、家族がいたり、優雅な暮らしがしたい人はもっともっと多くの金額が必要になるでしょう。

家賃収入で暮らす!願いを叶える3つの方法

必要な資金が5,333万円と分かったところで、家賃収入で暮らす夢を叶える3つの方法について考えていきます。
実現性が高くないと意味がありませんので、現実的な考えのみまとめさせていただきます。

家賃収入で暮らす3つの方法

  1. 5,333万円用意する
  2. ローンを組む
  3. 小額不動産投資を始める

①5,333万円用意する

5,333万円が必要であれば用意しましょう。
当たり前ですが、これが1つ目の考えです。

この資金を準備するには、お金持ちになる唯一の数式にしたがって、資産をためるしかありません。

お金持ちになる唯一の数式

資産形成 = (収入)- (支出)+(資産)× 運用利回り

YouTube説明動画

資産を最大化させるには3つの方法しかありません。

  1. 収入を上げる
  2. 支出を減らす
  3. 資産運用を効率的に行う

この3つしかありませんので、きちんと考えながら5000万円以上貯めるプランを考えましょう

『こんなの絶対無理だよ』

そんな声も聞こえてきそうです。
もちろん簡単なことではありませんが、数十年かけてトライすれば決して夢物語ではありません。

三井住友銀行で働く40-50代の独身上司はこれくらい持っていました…(私のサラリーマン時代の情報)

何も考えずに生きていては到達できませんので、年収の高い職種に切り替えたり支出を抑えた生活をしたり資産運用に力を入れないといけません

②ローンを組む

2つ目は、不動産投資でよく行われるローンを組む方法です。
安定収入のあるサラリーマンであれば元手100万円あれば、数千万円の物件まで買えるとか?

もちろん元手100万円では5000万円超の物件は買えませんので、元手をもう少し増やしたり、もしくは小さな物件をまず買って、軌道に乗らせて、その物件を担保にして次の物件を買うという選択肢もあります。

 

『でもローンって借金でしょ?』

このように思う方もいるかもしれません。
はい、完全に借金です。

他の投資(株式投資、投資信託など…)は全部”余剰資金“でするように促されるのに、なんで不動産投資だけ借金ありきなのか?私もかなり疑問です。

借金を背負うのは簡単ですが、賃貸経営が順調にいかなかった場合のリスクが非常に大きいです。
不動産初心者であるなら、いきなり多額の借金を背負うのは避けたほうがいいでしょう。

不動産投資には様々なリスクが付き纏います。

不動産投資のリスク

  • 人口減少リスク
  • 空室リスク
  • 震災リスク
  • 修繕費リスク
  • 分散投資困難リスク

このようなリスクが多い中の”借金”は結構危険です。
不動産投資のリスクに関しても、こちらの記事で書いてますのでよかったらご覧ください。

不動産投資利回り4.5%!?コスパ悪い!低リスクで実現しよう

2019年12月12日

③小額不動産投資を始める

近年フィンテック(ファイナンス×テクノロジー)の発展で、不動産投資も小額からスタート(1万円〜)できるようになりました。
不動産投資に興味があるなら、まずは小額から始めて、そこから得られる運用利回りを再投資に回して、5000万円以上の資産を目指すというのが3つの方法です。

先ほどの数式のうち、

お金持ちになる唯一の数式

資産形成 = (収入)- (支出)+(資産)× 運用利回り

(資産)× 運用利回り を小額から開始して、資産形成していき、5000万円以上に到達すれば、毎月の収入が20万円を超えてくるでしょう。

小額不動産投資サービスに関する記事はこちらをご覧ください。

【1万円から大家に!?】不動産の少額投資サービス5選!

2019年10月31日

本記事では最も不動産投資感覚に近いサービス『CREAL』をご紹介させていただきます。

小額不動産投資の『CREAL(クリアル)』

CREALとは1万円から始める不動産投資クラウドファンディングです。
厳密には異なりますが、毎月分配金が得られるので、大家になって毎月家賃収入が得られる感覚に近いです。

<例)私が投資した物件>

利回り3.5%なので、不動産投資の平均利回り4.5%より低いですが、1万円から投資できたり、お金払う以外の手間が一切ないので、とても納得のいくサービスです。

嫌だ!もっと利回り欲しい!」という方は、高利回り物件を選べば全然可能です。

<CREAL他の物件イメージ>

「ちくらつなぐホテル」の2年目利回りは6%ですので、一般的な不動投資利回りの4.5%以上だったりしますね。
クラウドファンディング系の投資はここ数年始まったものが多いので、今が狙い目です。

とはいえ、既に過熱気味で人気物件は一瞬で募集金額に達してしまいます…
投資したくてもできないケースもありますが、それは今までの不動産投資も同じですよね…

根強く探して、ここぞ!というときに投資するといいかもしれません。
もしくは少額なので、深く考えずとりあえず毎回1万円ずつ投資していくという方法でも運用益が出るでしょう。

投資家登録・口座開設無料です。
詳しくはCREAL(クリアル)公式サイトご覧ください。

家賃収入で暮らすには5000万円必要!?願いを叶える3つ方法!のまとめ

いかがでしたでしょうか?
家賃収入で暮らすための方法について理解深まりましたでしょうか?

安全な近道なんてありません。
近道をするには多額のローンを組んで大きく運用する必要がありますが、逆にリスクが大きくなります。

それが投資の世界ですね…

不動産投資は小額、低リスクで始められるようになってきています。
参考となる記事のリンク載せさせていただきます。

1人でも多くの方が投資を始め、日本の経済活性化につながることを願っています。
最後までご愛読いただき、ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他おすすめ記事〜

【2020】初心者向けおすすめ投資5選!少額で好きな投資開始!

2019年10月20日

AI資産運用の12サービス徹底比較!儲かる投資は?

2019年10月5日


〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪