ロボアド投資最安?THEO[テオ]の手数料割引条件を徹底解説!!

THEO[テオ]検討者

「ロボアドバイザー投資のTHEOが気になるなぁ。

でも手数料いくらくらい何だろう?

手数料割引の適用条件があるみたいなんだけど、なんか難しくて分からないなぁ。。。」


このような疑問にお答えします。

先に結論を記載させていただきます。

THEO[テオ]の手数料
  • 通常は年率1%(税抜き)
  • 条件を満たせば最大年率0.65%(税抜き)まで割引
  • 《割引条件》
    [必須]毎月積立をしている
    [必須]出金をしていない
    ・上記を満たした方は、入出金総額の平均金額に応じて割引

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。

本記事では、ロボアドバイザー投資のTHEO[テオ]の手数料にフォーカスを当てて、まとめさせていただきます。

THEO[テオ]とは?

THEOとは、ベンチャー企業「お金のデザイン」が開発・提供しているロボアドバイザーです。 ロボアドバイザーでは、人間の代わりにロボットが資産運用を自動的に行います。

投資金額

10,000円〜

投資方法

運用は全自動
ロボアドバイザーによる低リスクな分散投資

操作方法

銀行振込・口座引き落とし

手数料

0.65%〜1.0%

特徴

預け資産額や積立有無に応じて割引適用

THEOの手数料割引条件について

THEOの通常手数料は年率1%(税抜き)です。
※3000万円を超えた部分は0.5%

これは各種ロボアドバイザーサービスの標準的な料金です。他社も気になる方は、こちらの比較記事もどうぞ。

【初心者おすすめ】ロボアドバイザー投資4選|特徴や評判は!?

2019年7月14日

ただし、THEOには割引条件(THEO Color Palette)があります。この条件を上手く使えば、各種ロボアドサービスの中で最も手数料が安くなります。

<THEO Color Palette(テオ カラーパレット)概要>

THEO Color Palette|THEO

公式サイトにはこのように大きく表記されていますが、単に預け入れ額に応じて割引とはなりませんのでご注意ください。

割引の適用条件
  1. [必須]毎月積立をしている
  2. [必須]出金をしていない
  3. 上記1、2を満たした方は、入出金総額の平均金額に応じて割引

具体的に見ていきましょう。

毎月積立をしている

「一括で預けて、あとは放置」ではなく、毎月積み立てていることが割引適用を受ける必須条件になっています。最低金額の1万円以上毎月、積み立てなければなりません。

積立がないと、カラーは通常手数料率(1%)のホワイトになります。

出金をしていない

毎月積み立てていても、お金を出されていたら意味がないですからね。きちんと毎月積み立て、出金せず貯めていくということが割引適用条件になります。

出金をしてしまうと、カラーは通常手数料率(1%)のホワイトになります。

(上記2つの条件を満たした上で)入出金総額の平均金額に応じて割引

  1. 毎月積み立てる
  2. 出金をしない

この2条件を満たした上で、入出金総額の平均金額に応じて割引されます。これがいわゆるTHEOの定義する「カラー基準額」になります。カラー基準額分かれば、この表どおりの手数料になります。

「入出金総額の平均金額(カラー基準額)」…

またややこしい言い方しますね。

簡単に表すと、こうです。

入出金総額の平均金額とは

資産運用している3ヶ月平均の金額

THEOの公式サイトより、具体例を掲載します。

なぜ、3ヶ月か?

それは、この割引条件が決まるのが3ヶ月単位だからです。

1年間を4つの期間に分け、それぞれの対象期間内でのご利用状況を基にカラーが決定されます。決定したカラーは、翌月中旬に確認できます。

THEO Color Palette|THEO

割引対象かを判別する期間はこのように分けられています。

割引対象判別期間

対象期間A:4月、5月、6月
対象期間B:7月、8月、9月
対象期間C:10月、11月、12月
対象期間D:1月、2月、3月

つまり、3ヶ月ごとにこの条件を満たしているかチェックされます。

いつから適用されるの?

割引手数料は、対象期間最終月の翌々月より3ヶ月間、カラーに応じた手数料が適用されます。

例)対象期間A:4月、5月、6月の場合
割引手数料が適用されるのは、8月、9月、10月。

こんな感じですね。

分かりづらくないですか?

一回理解してしまえば難しくないのですが、初見の人がルールを見てすぐに理解するのは困難な気がします。

本記事で重要なエッセンスに絞ってまとめましたので、

「積み立てなきゃダメなのね」
「出金しちゃダメなのね」
「対象期間があるのね」

ってなレベルで認識いただけるとOKかと思います。そこまで認識できた上で、マイページで確認しましょう。

このような感じで表記されます。

注意点は?

「3ヶ月ごとに適用される点」は注意が必要です。必須条件の2つ(積立と出金NG)が3ヶ月のいずれかの月で満たしなければ、その期間での判定は割引対象外となります。

例)対象期間A:4月、5月、6月の場合

○例1
4月、5月、6月と連続で積立を行い、出金をしていない場合は、カラー基準額に応じたカラーが適用されます。

○例2
4月に積立を行っていない場合、5月、6月と連続で積立を行っても、次回のカラーはホワイトになります。

○例3
4月、5月、6月と連続で積立を行っても、5月で出金をした場合、次回のカラーはホワイトになります。

きちんと3ヶ月まるまる条件を満たさなければならないんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

THEOでの手数料についてご理解いただけましたでしょうか?

ちなみに、運用以外の手数料はほぼ発生しません。

少し複雑ですが、1回理解できれば大丈夫ではないでしょうか?最後にもう一度、まとめさせていただきます。

割引適用を受ける条件
  1. 毎月積み立てる
  2. 出金しない
  3. (1、2条件満たせば)3ヶ月の平均資産額に応じて割引

ややこしいですが、ロボアド投資サービスの手数料としては現在、最も安いです。(キャンペーンを除く)

なので、私たちがきっちり理解して、割引適用されるように利用しちゃいましょう。上手く適用を受けられるのであれば、THEOはロボアドサービスとして全然アリかと思います。

参考となる記事を載せさせていただきます。

私のTHEO運用実績

【2019年9月】THEO[テオ]で投資は儲かる?運用実績公開!

2019年9月14日

THEOの評判・口コミ

【THEO[テオ]】評判・口コミ30選!!みんな儲かってるか!?

2019年9月16日

LINEワンコイン投資とは?

投資種別 ロボアドバイザー投資
(おまかせ運用)
主な投資先 海外ETF・債券
(世界経済)
最小投資金額 500円〜
想定利回り 3.0〜5.0%
手数料 1.00%(税抜)
特徴 ✔500円から始められるお手軽投資
✔SNS最大手LINEが手がける投資サービス

LINEワンコイン投資」はLINE社とオンライン証券会社のFOLIOが組んで展開しているロボアドバイザー投資サービスです。
週次の積み立て式で、なんと500円から始められます。

ロボアドバイザー投資とは?

あなた自身で考える必要なく、AI(人工知能)を活用したロボアドバイザー側で投資先を決め、自動的に資産運用をしてくれるサービスです。
ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムで運用され、効率的な資産運用がされるサービスです。

銀行口座に預け得る感覚で、勝手に運用される完全おまかせ投資です。
LINEワンコイン投資は、初心者向きに設計されており、かなり手堅く運用されています。

<私のLINEワンコイン投資先>
60%が値動きの小さい国債などの債券です。
ロボアドバイザー投資の中でも最もリスクが低いサービスと考えて良いでしょう。

LINEワンコイン投資の口座開設は無料です。
とても簡単に少額から始められますので、ご興味あれば、公式サイトご覧ください。

1人でも多く方が投資を始め、日本の経済活性化につながればと思います。最後までご愛読いただき、本当にありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜その他おすすめ記事〜

WealthNaviとTHEO+docomo比較【両方アリ?】

2019年9月17日

【億万長者になるには!?】資産20倍を狙える方法3選!

2019年8月17日

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪