【株初心者】おすすめの銘柄の選び方5選|まずこれでスタート!

株初心者
「株を始めてみようと思うけど、どの銘柄を買えばいいのかわからないなぁ。

おすすめの銘柄とかないのかなぁ?

選び方が知りたいなぁ。」

このような疑問にお答えします。

先に結論を申し上げます。

✔︎本記事の内容


 ①身近な企業の株を買う

 ②興味のあるテーマの株を買う

 ③優待のある企業の株を買う

 ④配当のある企業の株を買う

 ⑤貸株金利の高い企業の株を買う

 

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。

そんな私が、初心者の頃に感じた悩み「どの銘柄を買えばいいのか?」について記事をまとめさせていただこうと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

銘柄の選び方5選

本記事では5つの方法をご紹介させていただきます。

銘柄選定や株の売買に正解はありません。

あなたにあった方法を見つけていただければと思います。

身近な企業の株を買う

これはよく言われることですが、あなたが興味を持っている企業の株を買う方法です。

よく使っているサービス、いいと思う商品を売っている企業を選びます。

具体例
  • ZOZOでよく洋服買う → 株式会社スタートトゥデイ(3092)
  • 携帯はドコモ → (株)NTTドコモ(2682)
  • 鳥貴族でよく飲む → (株)鳥貴族(3193)

こんな形でしょうか?

とりあえずは自分の身近な企業の株でいいと思います。

「株主になってその企業を応援する」

本来のあり方だと思います。

1つだけ注意点をあげておくなら、1社集中は避けましょう。どれだけ自信があっても株の世界に確実なんてありません。きつい言い方をすると、1社集中は投資でなく博打に近いです。

「でも、何社もの株を買う資金ないよ!」

そういう場合でもあっても1社のみではリスク管理ができていないので非常に危険です。

最近では、1株から買えるサービスが多くあります。資金が貯まるまでは、このようなサービスを駆使しながらリスク管理しましょう。
>>参考:【株初心者おすすめ】ミニ株(単元未満株)扱う最新サービス3選

分散投資の大切さについては、こちらの記事でもまとめております。
>>参考:総資産10万円から始める株投資!重要な点は3点のみ!

興味のあるテーマの株を買う

1つ目の身近な企業に近いですが、もう少し広義に捉えたのが2つ目です。

興味あるテーマとはいわゆる分野のことです。

最近であれば「人工知能(AI)」や「5G通信」などの企業をチェックして投資してみるといいかもしれません。

「でも、興味あるテーマ関連の銘柄が分からないよ。」

これも初心者向けに株をパッケージしてくれているサービス(FOLIO)があります。

このサービスを利用するかは別として、関連企業の銘柄をチェックすることができますので、かなり参考になりますと思います。

<例>AIテーマを選んだ際の銘柄内訳

こんな感じですね。

これらを参考にして自分で銘柄を選ぶのもいいと思いますし、細かいところまでは分からないから、テーマだけ選んで運用を任せたければFOLIOで売買してみるのもアリかと思います。

>>関連記事:FOLIO(フォリオ)のテーマ投資をおすすめする5つの理由

優待のある企業の株を買う

よくOL・主婦などの女性にこの考え方が人気な気がします。

興味があることが大切なので、この方法に大いにアリだと思います。

<例>ビックカメラは商品券

〜取得条件〜

ただし、この優待目的の方法には注意点があります。

優待目的売買の注意点
  1. 単元株の購入が必要(基本100株以上のため少額不可)
  2. 権利が得られる日が決まっている
  3. 権利確定後の株価は下落する可能性高い

権利が決まるその1日だけ株を保有しているか否かで決まります。

このような点を理解した上で興味ある優待を狙うのもアリかと思います。

>>関連記事:【2019年8月】おすすめ株主優待!SBI人気銘柄調べまとめ

配当のある企業の株を買う

これも優待と同じでして、権利確定日に保有しているか否かで決まります。

日本株で利回りが高そうな有名銘柄をあげさせていただくと、

日産自動車(7201) 配当利回り8.7%
JT(2914) 配当利回り6.85%
ミクシィ(2121) 配当利回り5.38%
※2019.8.30時点

こういうものも決して、そのまま銘柄をすすめているわけではありません。

配当高い銘柄はみんな同じような気持ちで狙ってきて、権利確定以降は株価が下がったりします。

今一度、注意点記載します。

配当目的売買の注意点
  1. 単元株の購入が必要(基本100株以上のため少額不可)
  2. 権利が得られる日が決まっている
  3. 権利確定後の株価は下落する可能性高い

貸株金利の高い企業の株を買う

配当や優待以外にもインカムゲインが得られる方法があります。
それが貸株金利です。

まさに私がこの方法をとって、銘柄選定しており、毎月得られる貸株金利10万円でタイ生活しています。

10%を超える銘柄もいくつかございます。※2019.7.15時点

最後に1つの選定方法としてあげましたが、初心者中の初心者の方にはオススメできません。基本的に新興株が対象になるので、値動きが激しいです。

そのような状況にも耐えうるメンタルが出来てからでないと厳しかもしれません。

>>参考:【貸株金利で暮らすプロが比較】貸株サービスにおすすめの証券口座

最後に

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでいただいて大変申し訳ありませんが、どの方法で買ったとしても最初は損をすると思います。

私もそうでした。

正解はいくら調べても出てきません。

全ては実践を通して、自分でルールを確立していくしか方法はないのです。

したがって、最初は勉強代だと思い、損をする前提で取引を始めるべきと考えています。

「では、どうすればいいのか?」

基本的には無くなってもいいお金での少額投資になると思います。500円くらいから1株で買えたりできます。


〜少額投資におすすめのサービス〜

✔︎自分で細かく銘柄選定をしたい → SBIネオモバイル証券
✔︎細かな銘柄は選んでほしい → FOLIOのテーマ投資

そして、ここまで読んで

「自分で考えるのは嫌っ!」ってなった方は無理に株投資はせず自動運用のロボアドバイザーに任せる方がいいと思います。
>>参考:【初心者おすすめ】安心・安全に始めるロボアドバイザー投資

投資は非常に難しい分野ですが、そう感じさせないように様々な方法があったり、サービスがあったりします。あなたにあった方法を見つけ、投資ライフの初めの1歩を踏み出していただければと思います。

最後までご愛読いただき、本当にありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと行うよう御願い致します。m(_ _)m

〜その他のおすすめ記事〜

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪