One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴5選!米国株なら!

One Tap BUY検討者

「One Tap BUY(ワンタップバイ)が気になるなぁ〜。

どんな特徴があるんだろう?

米国株とか買いやすいのかなぁ?」


このような疑問にお答えします。

先に結論記載させていただきます。

ワンタップバイの特徴
  • 少額で米国株を買える
  • 米国株・ETFの自動積立可能
  • 日本株のハイリスク取引可能(5倍)
  • 10倍のレバレッジ取引も
  • 1株からIPO申込可能

Co.隊長
どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@Co_Keio)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、その後は好きなことだけやりながら月約10万円で細々と暮らしております。
※2019年は株2000万円運用で月10万円の生活費を捻出してました。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴というテーマでまとめさせていただきます。
米国株に興味ある人におすすめの株取引アプリですので、どうぞご参考ください。

それでは、見ていきましょう!

One Tap Buy(ワンタップバイ)とは?

投資種別 株式投資
投資先 日本株、アメリカ株
最小投資金額 1000円〜
(金額単位)
手数料 スプレッド0.5〜0.7%
特徴 ✔金額単位で株が買える
✔少額でアメリカ株が買える
✔手数料はちょっと高め

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは、日本初3タップで株の売買ができる証券取引アプリです。
金額単位で購入できるので、銘柄によっては1株以下でも保有することができます。

少額株式投資の「ネオモバ」や「LINE証券」と違い、米国株も少額で買えるのが最大の特徴です。
One Tap BUY(ワンタップバイ)での口座開設は無料ですので、ご興味ある方は公式サイトご覧ください。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴5選!米国株なら!

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴は以下の通りです。

  1. 少額で米国株を買える
  2. 米国株・ETFの自動積立可能
  3. 日本株のハイリスク取引可能(5倍)
  4. 10倍のレバレッジ取引も
  5. 1株からIPO申込可能

気になる特徴が1つでもあれば、One Tap BUYはあなたに向いてるかもしれません。
1つずつ順に補足させていただきます。

特徴①
少額で米国株を買える

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、1000円から日米株が購入できます
日本株の少額投資は、「ネオモバ」や「LINE証券」など、多くのサービスが登場していますが、One Tap BUYでは米国株も取引可能です。

<One Tap BUY米国株取扱銘柄(例)>

アップルやアマゾン、アルファベット(Google)など、有名企業は数多く扱っていますので、初心者が米国株を始める上では、申し分ないでしょう。

日本株の少額投資なら!
  • ネオモバ
    Tポイントを使って、日本株の売買が可能。
    月間50万円の取引までなら、サービス料200円(税別)もTポイントが200円分貰えるので、実質ほぼ無料!
  • LINE証券
    LINEポイントを使って、取引可能。
    1株でもリアルタイム取引ができるため、デイトレードの練習に最適。
  • One Tap BUY
    株数でなく、金額単位で少額取引可能。
    日本を代表する優良企業を厳選して取扱。

特徴②
米国株・ETFの自動積立可能

少額で買えるだけでなく、積立機能もあります。
こちらも日本株だけでなく、米国株・ETFも対象のため、リスクを低減させた長期米国株投資が可能です。(ドルコスト平均法)

<ドルコスト平均法の具体例>

一括購入ではなく、時間をずらしながら、積立購入した場合は、このようになります。

購入タイミングも分けて買えば、手堅い資産運用ができる!という考えです。

特徴③
日本株のハイリスク取引可能(5倍)

One Tap BUYは少額投資だけでなく、ハイリスクな取引を行うこともできます。
日本株CFDと呼ばれ、持ってる資金の最大5倍まで取引可能です。

CFD取引とは、“Contract For Difference”の略で、「差金決済取引」のことです。

<CFDと現物株の違い>

5倍の取引ができるということは、リターンも5倍になりますが、リスクも5倍になりますので、ご注意ください。
ギャンブル性が強くなりますので、予め特徴を認識した上で始めましょう。

特徴④
10倍のレバレッジ取引も

5倍だけでなく、10倍の取引可能なサービスも用意されています。
取扱銘柄は、下記2銘柄です。

  • 日経225
  • 米国500

日米のマーケット全体に投資するイメージです。
値動きが個別株に比べれば小さいため、こちらはレバレッジが10倍まで許容されています。

特徴⑤
1株からIPO申込可能

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開と呼ばれ、未上場の企業が上場して新たに株式を公開することを言います。
通常IPOは100株単位で申し込まなければいけないのですが、One Tap BUYでは、1株から可能です。

IPOは抽選のため、確実に買える訳ではありません。
ただ少額でも申し込めるため、誰でもGETできるチャンスがあります。

「ネオモバ」でも、類似サービス展開しています。
記事にもまとめてますので、よかったらご参照ください。

SBIネオモバイル証券『ひとかぶIPO』開始!10倍株も!?

2019年11月26日

One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴5選!米国株なら!のまとめ

いかがでしたでしょうか?
One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴、参考になりましたでしょうか?

ワンタップバイの特徴
  • 少額で米国株を買える
  • 米国株・ETFの自動積立可能
  • 日本株のハイリスク取引可能(5倍)
  • 10倍のレバレッジ取引も
  • 1株からIPO申込可能

この中でも、少額で米国株を手軽に購入できるのがOne Tap BUYの最大の特徴かと思います。
評判をまとめた記事でも、このような意見が最も多かったです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)の評判!ツイッター30選

2020年1月2日

またそれ以外にも、ハイリスク投資やお得なIPOサービスまで取り揃え、他社と上手く差別化が図れてる印象です。
One Tap BUY(ワンタップバイ)での口座開設は無料ですので、ご興味ある方は公式サイトご覧ください。

1人でも多くの方が投資を始め、日本の経済活性化につながることを願っています。
最後までご愛読いただき、ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと行うようお願い致します。m(_ _)m 

〜おすすめ記事〜

資産運用ランキング!初心者向け少額投資TOP10【明快です】

2019年11月10日

【100円台から買える!!】株の少額投資おすすめサービス5選!

2019年10月29日

〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪