サクソバンク証券の評判・口コミ!ツイッターの声20選!

サクソバンク証券検討者

「サクソバンク証券が気になるなぁ〜。

どんな特徴あるんだろう?

実際に使ってる人の評判・口コミ知りたいなぁ〜。」


このような疑問にお答えします。

先に結論記載させていただきます。

サクソバンク証券の評判
  • 中級者以上が口座開設してる模様
  • 取扱銘柄数に魅力を感じてる人多い
  • 特定口座に対応していない点を不満に感じる人多数
  • 米国株購入のため検討するも
  • 個人情報流出被害あり

Co.隊長
どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@Co_Keio)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、その後は好きなことだけやりながら月約10万円で細々と暮らしております。
※2019年は株2000万円運用で月10万円の生活費を捻出してました。
>>詳細プロフィールはこちら

本記事では、「サクソバンク証券の評判・口コミ」についてまとめさせていただきます。
サクソバンク証券を使おうかご検討されてる方、どうぞご参考ください。

それでは、見ていきましょう!

サクソバンク証券とは?

投資種別 FX/CFD/外国株式
特徴 ✔世界的な金融会社で信頼性が高い
✔取扱銘柄数が多い
✔配当自動再投資のDrip対応
✔個別株とFXの損益通算可能
※個別株CFD利用

サクソバンク証券は、デンマーク・コペンハーゲンに本拠地を置くオンライン銀行の日本法人です。
2009年に「アストマックスFX株式会社」を買収して「サクソバンクFX株式会社」に社名を変更し、本格的に日本市場に参入してきました。

現在は、FX以外にCFD取引、外国株式など取り扱いが多岐に渡っています。
サクソバンク証券の特徴は、下記の通りです。

  1. 世界的な金融会社で信頼性が高い
  2. 取扱銘柄数が多い
  3. 配当自動再投資のDrip対応
  4. 個別株とFXの損益通算可能

初心者向け証券会社というより、中級者以上をターゲットにしたワンランク上の証券会社と言えるでしょう。
サクソバンク証券での口座開設は無料です。

ご興味あれば、公式サイトをご覧ください。

サクソバンク証券の評判・口コミ!ツイッターの声20選!

https://twitter.com/zei_us/statuses/1284141334668824582

サクソバンク証券の評判・口コミ!ツイッターの声20選!のまとめ

いかがでしたでしょうか?
サクソバンク証券の評判・口コミについて、理解深まりましたでしょうか?

主な内容をPick Upすると、このような評判ではないでしょうか?

サクソバンク証券の評判
  • 中級者以上が口座開設してる模様
  • 取扱銘柄数に魅力を感じてる人多い
  • 特定口座に対応していない点を不満に感じる人多数
  • 米国株購入のため検討するも
  • 個人情報流出被害あり

中級者以上が口座開設してる模様

FX/CFD/外国株の経験者が、取扱銘柄数や手数料などにメリットを感じて口座開設してる印象です。
初心者がいきなり手を出す口座ではなさそうですので、未経験の方は少額で始められる日本の証券会社から始める方が無難かと思います。

取扱銘柄数に魅力を感じてる人多い

利用者の多くは、海外ETFや米国株の取扱銘柄数に魅力を感じてる模様です。
サクソバンク証券でしか購入ができない“という点が口座開設に結びついてるのでしょう。

特定口座に対応していない点を不満に感じる人多数

こちらの意見が物凄い多かったです。
取扱銘柄数や手数料の安さに魅力がある反面、特定口座に対応していないため、確定申告が煩雑になる可能性があります。

私も昨年、一般口座での確定申告をしましたが、エクセルで管理・整備したりなど、割と面倒でした。(作業時間1日〜2日)

米国株購入のため検討するも

サクソバンク証券では、CFD取引でも、オプション取引でも、米国株を取り扱っています
サクソバンクならではの魅力を出すことで、多少のデメリットがあっても口座開設する人がいるんだと思います。

個人情報流出被害あり

直近では、個人情報流出の報告がありました。

<サクソバンク証券|個人情報流出報告>

金融系サービスにおいて、このような問題は致命的ですので、今後利用者が増えるか不透明です。

米国株CFDは『GMOクリック証券』の方が安全かも?

投資種別 CFD取引
投資先 株価指数CFD
商品CFD
バラエティCFD
株式CFD
最小投資金額 約1000円〜
※取引対象による
手数料 取引手数料無料
ただし、スプレッドコストあり
特徴 ✔国内大手企業の信頼性
✔レバレッジ5〜20倍
✔豊富な投資対象
✔初心者でも取引しやすい良い操作性

CFD取引とは、“Contract For Difference”の略で、「差金決済取引」のことです。
CFD取引は、差金決済取引なので、現物の売買はしません
取引に際しては証拠金を預け、銘柄を売買し、その差金のみを決済するという流れになります。

レバレッジをかけ、持っている資金より多い取引ができる点が特徴です。
この点FXと似ていますが、FXは取引対象が”為替”であるのに対し、CFD取引は株価指数や商品など多岐に渡ります

現状、米国株のCFDを扱ってるのは、GMOクリック証券とサクソバンク証券くらいです。

<例:GMOクリック証券のCFD取引対象(米国株CFD一部)>

現状は、GMOクリック証券の方が安全に取引できるかもしれません。
口座開設や各種手数料も無料
です。
ご興味あれば、公式サイトをご覧ください。

1人でも多くの方が投資を始め、日本の経済活性化につながることを願っています。
最後までご愛読いただきありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと、行うようお願い致します。m(_ _)m

〜おすすめ記事〜

資産運用ランキング!初心者向け少額投資TOP10【明快です】

2019年11月10日

AI資産運用の12サービス徹底比較!儲かる投資は?

2019年10月5日

〔使用画像〕Designed by Freepik

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪