仮想通貨は危ない!でも宝くじと比較すれば断然儲かる!

仮想通貨未保有者

「仮想通貨ってよく聞くけど、買ったら儲かるのかなぁ? なんか危ないイメージあるなぁ。どれくらいのリスクとリターンか知りたいなぁ。」

このような疑問にお答えします。

先に結論を記載させていただきます。

✔︎本記事の結論


仮想通貨は投資でなく投機(ギャンブル)。
ただ宝くじ買うくらいなら、確実に仮想通貨買っておくべき。

 

このように、私は考えます。

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。

株取引がメインですが、当然仮想通貨も一部仕込んでいます。

私の個人的な経験としては、3年ほど前に遊びで5000円Bitcoinを購入したものが仮想通貨バブルで20万円になったことがあります。

当時は投資を始めたばかりだったため仮想通貨についても少額しか買う勇気がありませんでした。かなり後悔しています。

ただその20万円で引越しの際の家電製品は全てBitcoinで購入しました。ご存知の人もいると思いますが、Bitcoinはビックカメラで使用可能です。簡単な操作で送金できます。

「仮想通貨は危ない!」と聞きますが、『FUNDINNO』で未公開株の購入を検討することと同じで、持っておいてもいいと思います。と言いますか、宝くじを買ってしまうくらいなら100%仮想通貨の方がいいと私は考えます。

>>参考記事:未公開株のFUNDINNO(ファンディーノ)と宝くじを比較!儲かるのは?

それでは、みていきましょう。

仮想通貨とは?

一般的にはネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通しているが、法定通貨(法貨)との比較において強制通用力を持たない、または特定の国家による裏付けのないものをいう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像では「B」と書かれたコインのイメージ図がありますが、これは実在しません。イメージ図です。あくまでも”仮想”の通貨です。

一番有名な仮想通貨は『Bitcoin』ですが、それ以外でも取引可能な仮想通貨は10種類以上あります。(実際はもっと700種類以上?ありますが、私の使っているCoincheckアプリで取引可能な種類)

Bitcoin以外のコインを総称でアルトコインといいます。主なアルトコインだけ少し記載します。

主なアルトコイン
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

  • イーサリアム(ETH)

  • リスク(LSK)

  • ネム(XEM)

このような仮想通貨が円やドルのように仮想通貨取引所で交換されています。イメージ画面添付させていただきます。

Coincheckアプリ画面

なんとなく、仮想通貨がどういうものかイメージ掴めましたでしょうか?

ではこの通貨の価値が上がり、「儲かるか?」という内容に移ります。

仮想通貨の将来性

まず冒頭で、述べさせていただきましたようにそもそも投機(ギャンブル)に分類されるという前提でお読みください。

過去の実績もまだ浅い仮想通貨の未来予測は本当に不可能です。あくまでも私の個人的な見解になります。

私は“仮想通貨の価値は今から20倍まで伸びるのでは?”

と考えています。理由は2つです。

理由① 幾度の流出もなお売買され続けている

一番初めは「マウントゴックス」事件です。

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失

2014年の起きたこの事件、正直私は「仮想通貨終わったね。」と思いました。

ただこんなにも大きな流出(真相不明)があったにもかかわらずBitcoinの取引が他の交換所で続けられたのが驚きです。

そこに仮想通貨(ブロックチェーン技術)の信頼性があるという証明でもあった気がします。

しかも、この後も
「コインチェック」での不正流出(2018年)

本当に直近ですと今月も!
「ビットポイント」での流出(2019年)

とずっと事件は絶えることなく起きてます。

それでも取引がずっと続けられている点が逆に信頼性が高いと私は感じています。

不正流出は、基本的には仮想通貨技術でなく、それを守る取引所のセキュリティの問題とされる場合が多いようです。コインチェックもビットポイントも運営が保証したので、個人が損をしたということはなかったようです。(取引停止による機会損失などはありました。)

理由② 実用的な利用拡大

仮想通貨の中でも私が注目している通貨は「リップル」です。

リップル注目理由
  • 複数の銀行と提携
  • Googleが出資

複数の銀行と提携というのは、海外送金手数料を安くしやすいからのようです。もう少し詳しくこちらの記事でまとめております。
「仮想通貨!!注目のリップル(XRP)数年後価格は●円!?」

Google Playで採用が決まったら1リップル1000円くらい(現在の20倍以上)までいくのでは?適当なざっくり予想をしています。

仮想通貨リスク

夢のある話には当然リスクがあります。私はこの1点に集約できると考えています。

ハッキングによる流出リスク

これも取引所でなく、個人レベルで攻撃されたら保証も全くされないかもしれません。これだけ頻繁に攻撃受けて不正流出しまくってるんです。危険は常にさらされています。

つまり、仮想通貨を買う場合は「お金を捨てる!」くらいな気持ちで買うべきというのが私の見解です。

どう考えても過去実績上、安全性は他の商品と比べて低いです。それなのに安全を求めるのはナンセンス。私はハイリスク・ハイリターンと割り切っています。現に、コインチェックの不正流出事件あった際も、もともとは5000円分だったので、「どうなってもいいやー。」くらいに思っていました。

宝くじ買うなら仮想通貨!

この条件下で宝くじが当たる確率はこちらです。

購入条件
  • ジャンボ宝くじ
  • 毎年5万円(1回1万円×年5回)
  • 50年間買い続ける

50年間で合計250万円投下して2000万円以上のリターンの確率が0.5%です。

小さい額が戻ってくる可能性もありますが、基本的に宝くじは外れてしまったら、買ったお金戻ってこないですよね?

それと同じ発想をすれば、戻ってこない前提で仮想通貨を買うのは全然ありだと思います。むしろ「実際に仮想通貨を使って海外送金手数料下げてる金融機関あったりと、材料も出てるので確実にこっちの方が20倍以上のリターン確度高いじゃん!」と思っています。

ただ、当然宝くじと同じ扱いなので、宝くじを買う金額と同程度です。全財産をこれに投じるとか言語道断です。私は「50万円→1000万円なればいいなぁ。」と考え購入しています。今はそれが35万円まで下がってます。。。

逆にこれから買う方はラッキー!かも?しれません。(もしくは共倒れ^^;)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私はサラリーマン時代に同期が年末ジャンボに数万つぎ込んでいたのを覚えています。

もし、そういう風になりそうだったら確実に仮想通貨や未公開株でのハイリスク・ハイリターンを狙うべきです。しかもハイリスクでありながら、借金は背負わないので、全然いいではありませんか?

もし興味持ったら是非、始めましょう。

仮想通貨取引所ですが、私は上述の通りCoincheckを使用しています。
そんなに売買を頻繁にする予定ではなかったので、手数料とかより操作性で選びました。

複雑な画面見ると気持ち萎えたりしませんか?そういうのを避けたかっただけです。一度、不正流出ありましたが、保証もして、その後も復活してるので全然他の方にオススメできます▼▼▼

コインチェック

未来の老後へ向けた投資方法は、本当に一律ではありません。誰も予測できません。だからこそ、次から次に出てくる投資や投機商品をウォッチして、分散投資しなければなりません。

明るい未来のため、そして、日本の経済活性化のため、1人でも多くの人が資産運用を始めていただければと思います。

最後までご愛読ありがとうございました。

投資判断は自己責任のもと行うよう御願い致します。m(_ _)m

〜その他のおすすめ記事〜

超ハイリターン投資3選!1万円から始められるギャンブルです…

2019年10月12日

【億万長者になるには!?】資産20倍を狙える方法3選!

2019年8月17日

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪