【2019年2番の下げ幅】日経平均株価下落時に取った対応

どうも、元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊のCo.隊長@co_toushi)です。
大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。
節約しながら、投資のみで生計成り立つように、自由に生きています。

3月8日(金)は日経平均が大きく下がりましたね。

430円安は2019年2番目に大きな下げ幅だったようです。

https://www.asahi.com/articles/ASM3856J2M38ULFA02V.html

保有株価の影響

私の保有している株価も購入後、もっとも影響があったのではないでしょうか?

思わずこんなTweetをしてしまいました。

ただちょっと戻って15時には、こんなTweet。

最終的にはこんなマイナス幅でした。

-40万円ほど。

それでも、まだ300万円近く含み益が出ているのは精神的にも良いです。

下がる時は売るじゃなく、買う

「下がる時って、持ってた株を売っとけばよかった〜」と思いませんか?

私は最大含み益400万円が数日前にあったので、

まずはそのような発想が頭をよぎりました。

でも、やはりきちんと考えると、それだと普通の考え。

株の世界、基本みんなと逆を行けば勝てると思っているので、そういう時こそ「買いだ」と発想を変えました。

何を買った?

正直、この日買った銘柄は今までの株購入とは考え方を変えています。

通常株購入時の考え

・社会貢献につながる銘柄を選ぶ
・長期的に見る
・10倍株を目指す などなど

でも、大きく下げた時はこのような考えではありません。
下記の考えで購入しました。

下落時株購入の考え

・保有株の下落を少しでも軽減できる銘柄を選ぶ
・短期売買(下手したら当日。長くても1週間)
・数万円の利益を求める

こんなところです。

せっかく下落したのなら、戻る可能性も高いので、割安になった株を少しでも購入しておこうという考えです。

とりあえず、そう思って昨日2銘柄ほど(合計150万円)購入しました。

少しでも月曜日上がってくれれば、作戦成功ということなので、また別途結果報告します。

私は決して株の経験長い方ではありません。

でも2019年1月からは、仮説→検証というスタイルを続けていくと決めています。この方法がマイナスになるのか?それとも悪くない方法なのか?

私の体験をリアルに綴っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

様々な副業に挑戦する『稼ぎ隊』のCo.隊長です。三井住友カード(株)で10年以上勤めた後退社し、現在は国内株式2000万円ほど運用して、そこから得られる月約10万円で細々と暮らしております。節約しながら、投資のみで生計成り立つように、様々な投資にトライし、有益な情報をシェアしようと思います♪